フネアマ貝の飼い方

2019年06月23日

フネアマ貝は飼育が容易な1枚貝です。ガラス面のコケ取りに大活躍します。

貝類の中では最高のコケ取り能力を発揮します。
わたしのイメージだとこんな感じです。
フネアマ貝 > カノコガイ > タニシ > ラムズホーン

体長は2~4cm。寿命は1~3年です。
西日本から熱帯インド太平洋の河口汽水域に生息する貝です。
1枚貝で別名「淡水アワビ 」と呼ばれています。
移動速度は貝としてはかなり早いです。
水草を食害することも殆どありません。

フネアマ貝
アヌビアス・ナナの苔を食べるフネアマ貝

飼育方法について
・特に餌も不要で水槽内に発生する苔を食べて生きます。
・水温は30度以上の高温もしくは10度以下の低音でなければ大丈夫です。
・飼育数量の目安は30cm水槽で1匹、60cm水槽で2~3匹、90cm水槽で3~4匹ぐらいです。あまり数が多いと苔が無くなって餓死しますので、様子をみながら増やしていくのが良いでしょう。
・吸着が強力なのでひっくり返る事が少なく、ひっくり返っても自分で起き上がれます。

砂を這うフネアマガイ
砂を這うフネアマガイ

飼育の注意点
・ソイルの水槽のようなphが低い水だと短命になります。
・ガラス面に吸い付く力が非常に強いため、無理に剥がすと殻が体から剥がれてしまう事があります。移動させたい場合、流木や石に移動するのを待ちましょう。
・ 1~2mmの卵を産みます。それほど目立たず、簡単に剥がせて魚が食べてくれますが、気にする人は気をつけましょう。汽水にしないと卵は還りません。

フネアマガイの裏側
フネアマガイの裏側


フネアマ貝の購入はこちらです。

(エビ・貝)フネアマ貝(4匹) 北海道航空便要保温
価格:1270円(税込、送料別) (2019/6/24時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]



 

【あわせて読みたいオススメ記事】