メダカや日淡の睡眠

2012年11月17日

メダカも含め魚の睡眠のメカニズムははっきりと解明されていません。
ですが、水槽を眺めていると確かに人間の眠りに近い状態の魚をみる事があります。

水面で寝ているヒメダカ

水面で寝ているヒメダカ

寝起きのヒナハゼ

寝起きのヒナハゼ

どじょうは夜行性

どじょうは夜行性

 

特にアカヒの爆睡はひどく・・・。ほんとに死んだように寝ています。
ヤマトヌマエビが混泳しているので、食べられないのが不思議です。

No longer available
 
最新の研究では小型の魚類の睡眠は、数十分程度の睡眠を繰り返し、合計で2~3時間程度の睡眠をとるとの事です。これは昼夜問わず寝るという説や、夜に寝るとの説など様々で、結論はありません。

ですが、睡眠に近い行動をとっている事は、水槽を観察しているとわかりますね。

人間ほど高度な生物では無いので、5~8時間睡眠が絶対必要!という訳ではないようです。昼も寝るらしいので。でも、昼と夜のサイクルを作ってあげた方が長生きすると思います。
夜は暗くしてあげましょう。

【あわせて読みたいオススメ記事】