めだかのエサ

2011年10月06日

メダカはミジンコやボウフラ、藻や植物性プランクトンなど、色々食べる雑食性です。口に入るものは食べます。めだかの稚魚、稚エビも食べてしまうので注意が必要です。

市販のメダカのエサであればなんでも良いと思います。また、稚魚には専用のエサがあります。

私が愛用しているエサはこちらです。

株式会社キョーリンのHikariシリーズ「メダカ・タナゴ・フナのエサ」です。この会社は観賞魚用飼料のパイオニアだそうです。
1994にスペースシャトルに持ち込まれたメダカ用のエサもこの会社が作ったそうです。
メダカは「こ、これは美味い!!」などとは言わないのでそのすごさはわかりませんが、間違いはないと思います。

楽天市場で購入    アマゾンで購入

 
 
エサを与える際の注意点
とにかく与えすぎないことです。目安は2~3分で食べきれる量を1日2~3回与えます。夏は毎日、秋は2日毎、冬は3日毎に与えるのが良いでしょう。

参考までに我が家のメダカ20匹が2~3分で食べきれる量はこんな感じです。
写真のスプーンはコンビニでもらえるプリン用のスプーンです。
メダカのエサの量
 
エサを与えすぎると食べ残しが腐り、魚に有害なアンモニアになります。
ドジョウやエビをメダカと一緒に飼うと、底に落ちた食べ残しを食べてくれます。

アジメドジョウ
ミナミヌマエビ
 

また、消費期限が過ぎたエサは捨てましょう。一見、変化がないように見えますが、酸化したエサは魚を病気にする事があります。
今、手元にあるエサをみてみました。
メダカや日本淡水魚のエサ
 
エサは安いので色々と買ってしまいます・・・。
 
 

【あわせて読みたいオススメ記事】