アカヒレの飼い方

2012年11月18日

メダカと同様に環境の変化に非常に強い魚です。

コップでも飼育できるので、「コッピー」と呼ばれる事もあります。
ただ、小さいコップで飼うのは可哀そうなのでやめましょう。

アカヒレは日本淡水魚ではありません。中国原産のコイの仲間です。
メダカ以上に飼育が容易で熱帯魚のように綺麗なので、日淡ではありませんがこのサイトで取りあげています。

アカヒレ

アカヒレ

ゴールデンアカヒレ

ゴールデンアカヒレ

アカヒレの種類

日本で購入できるアカヒレは4種類です。
アカヒレ、ゴールデンアカヒレ、ロングフィンアカヒレ、ベトナムアカヒレです。
アカヒレは中国原産。ベトナムアカヒレはベトナム原産です。
ゴールデンアカヒレ、ロングフィンアカヒレは品種改良で作られました。

アカヒレの飼育方法

アカヒレは全般に飼育が容易ですが、種類により若干の違いがあります。
ロンフィンアカヒレとベトナムアカヒレは低温に弱いです。

【アカヒレ・ゴールデンアカヒレ】
最大体長 : 4cm
温度 : 10~28度
水質 : 弱酸性~弱アルカリ性
餌 : 人工飼料

【ロンフィンアカヒレ・ベトナムアカヒレ】
最大体長 : 4cm
温度 : 18~27度
水質 : 弱酸性~弱アルカリ性
餌 : 人工飼料

アカヒレは丈夫な魚ですが、メダカと同様に月1回程度の掃除、2週に1回程度の水替えを行い綺麗な水で育ててあげましょう。エサの食いが非常に良いので、エサのやりすぎに気をつけましょう。
若干、縄張り争いをする事があります。隠れる事ができるよう水草や石を入れてあげましょう。
なお、ロンフィンアカヒレ・ベトナムアカヒレは冬場にヒーターが必要です。

我が家の飼育環境

アカヒレ水槽

アカヒレ水槽

1日にアカヒレ25匹に与えるエサの量

1日にアカヒレ25匹に与えるエサの量

 
水槽:コトブキ工芸 ダックスC90(販売終了)
濾過装置:(底面フィルター)スライドベースフィルタースライドベースフィルターフリー
エアポンプ:水心 SSPP-3S(2機使用)
ライト:アクシーキュート 900WW(2機使用)、LEDエコスポットネオ21
タイマー:デジタルプログラムタイマーII グレー PT50DG(2機使用)
低砂:水草一番サンド パウダータイプ(8kgを使用)
木石等:風山石(3個)、流木、カエルの置物(2個)
水草:ヘアーグラス ショート(水上葉)(10束分を使用)
水温:12度~28度(室内、無加温)
水質:弱酸性(純淡水)
餌:人工飼料(キョーリン/メダカのエサ…
混泳:アカヒレ15匹、ゴールデンアカヒレ10匹、ヤマトヌマエビ5匹、ミナミヌマエビ25匹

ライト有り、底面フィルター、無加温、純水で飼育しています。
アカヒレとゴールデンアカヒレは2011年5月頃にチャームでを25匹購入しました。
2012年10月現在、全匹元気で暮らしています。
一時期、メダカと混泳していたのですが、エサをほとんどアカヒレがとってしまい、混泳はあきらめました。。

エサはメダカ用の緩沈降性(徐々に沈むエサ)「キョーリン メダカのエサ」を与えています。
朝1回、、ティースプーン1/4ぐらいです。
エサを夢中で食べた後、深く潜れない個体がでます。餌と一緒に空気を飲んでしまうのでしょうか?
1時間程度で普通に泳げるようなります。

No longer available
 
水替えは1週間に1回1~2リットル程度の足し水と2週間に1回1/3の換水をしています。
水槽が寝室にあるので22:00~6:00の間はタイマーで濾過装置を止めています。濾過装置は底面濾過です。
ライトの点灯時間はタイマーで7:00~16:00に設定しています。
夜は岩や水草の陰で寝ています。
たまに鑑賞するためスポットライト(LEDエコスポットネオ21)を点けて眺めています。癒しの時間です。
寝ていたアカヒレ達は、迷惑そうにゆっくり泳ぎだします(笑)。

No longer available
 

【その他、注意点・気づいた事】
丈夫だ、頑丈だ、コッピーだといわれるアカヒレですが、掃除や水替えはきちんとしてあげましょう。丈夫なのはアカヒレとゴールデンアカヒレで、ロンフィンアカヒレとベトナムアカヒレは水質の悪化、低温に弱いのでご注意下さい。

繁殖容易で春先に卵を水中に産みます。非常に小さい卵を10個程度、何度も産みます。卵も孵化した稚魚も小さく、親が食べてしまう事が多いようです。注意して、別水槽に移してやる事で繁殖が可能です。
(注)我が家では産卵の確認はありませんので、これらはインターネットで調べた情報です。

このページで紹介した魚や機材はこちらです。

【あわせて読みたいオススメ記事】