ヒメダカ

2011年08月19日

メダカ・日本淡水魚(日淡)の種類の紹介です。まずはメダカの王道「ヒメダカ」。

野生のメダカは「黒めだか」といいます。これが変異して黄色くなっちゃったのが「ヒメダカ」です。
環境により色合いがかわります。底砂が黒いと色がこくなり、白いと色が薄くなっていくようです。

ヒメダカ

ヒメダカ

詳しく書くとヒメダカ(緋目高)は野生型のメダカが持つ黒色の色素胞(黒色素胞)を欠く変異型です。
黄色素胞は持っているため、黄色及びオレンジ色をしています。
江戸時代のころから観賞魚として親しまれています。
 
 

【あわせて読みたいオススメ記事】