クロメダカ

2011年08月23日

めだかです。
日本に棲息する最も小さな淡水魚です。
目が大きく、頭部の上端から飛び出していることが、名前の由来になっています。
水の汚れや温度変化にも強く非常に飼いやすい魚です。

クロメダカ

クロメダカ」は昔ながらの野生のメダカです。
「クロメダカ」を色々なメダカを交配させることでした色の違うメダカが産まれます。
これを品種改良といいます。
ヒメダカ、シロメダカ、アオメダカなどは人間が品種改良してもので
野生にはいません。

クロメダカ

「クロメダカ」「ヒメダカ」「シロメダカ」 などはペットショップなどで簡単に安価で
手に入ります安価で丈夫ゆえ大型魚の餌としても売られています(涙)。
野生のメダカの寿命は1 ~2年ですが、水槽など人工的な飼育下では4~5年生きる
ものもいるそうです。私の水槽のめだかも2年以上生きているめだかがいます。
 
 

【あわせて読みたいオススメ記事】