カボンバ

2012年11月18日

同じく、昔ながらの水草です。
丸みを帯びたフサフサとした葉を展開し、水槽を穏やかな雰囲気にしてくれます。
アナカリス、マツモ、カボンバは金魚藻と呼ばれていて、メダカや金魚の飼育に良く使われます。

カボンバの育成方法

若干の硬度が必要なので、大磯などの砂利を底砂に使います。弱酸性~弱アルカリ性で育ち、どちらかというと弱酸性の方が育ちが良いようです。水槽の中景から後景に、底砂に植えて育成します。底に植える時は、水草用のオモリ使うと楽に植えることができます。ライトが無くても、多少の光が水槽に入れば育成が可能ですが成長は遅くなります。育成可能な水温は10~30度なので、北海道や東北地方でなければ越冬も可能です。ただ18度あたりから成長が遅くなります。

トリミングは「差し戻し」を行います。水草の真ん中あたりをカットし、上部を新たに植えます。量を減らしたい場合はカットした下部を除去します。短くしたいが、量は減らしたくない場合は、下部をそのままにしておきます。下部は脇芽が生えて、枝分かれします。

カボンバ購入時の注意点

アナカリスやマツモに比べ、葉が切れやすくデリケートですので注意しましょう。
水草には害虫や貝がくっついている事があるので、水道水でよく洗ってから水槽に投入しましょう。
エビを飼っている場合、無農薬の水草を選びましょう。表記がなければ、販売店に問合せましょう。

アナカリスの特徴

名前 カボンバ カロリニアーナ
別名 金魚藻
分類 ハゴロモモ科、カボンバ属
原産 北米
国内分布 本州から四国、九州の全域に分布
ライト : 無くても飼育可能(無光は不可)
水温 : 10~30度(適正水温は:20~28度)
CO2 : 不要
pH : 6~7.5Hh
底砂 : 砂利
成長速度 : 普通

カボンバに思うこと

人により、爆植したり育たなかったりするそうです。硬度とpHの影響が大きいようですね。
弱酸性の環境でよく育ったという話を耳します。我が家ではどの水槽でも成長が遅く、あまり使いませんでした。
フワッとした柔らかい水草で、カボンバの上をエビが歩いている姿は癒し系で好きです。

便利な水草育成道具

私が使っている、水草の育成やトリミングに便利なオススメ道具の紹介です。
水草用のオモリは、浮いてしまう水草を、底砂に植えるときに茎にまきつけて使用します。
トリミングは、カットした場所がつぶれないよう、切れ味の鋭いハサミを使います。さびないことも重要です。
ピンセットは水草を底砂に植えるときに便利です。
糸はウィローモスやアヌビアス・ナナを岩や木に着生させる時に使います。

【あわせて読みたいオススメ記事】